フリーランスとしてのキャリア形成とは

フリーランスとしてどのようにキャリアを積んでいくのか、誰もが迷うところです。仕事を自分で選ぶことができる点から、キャリアアップも企業に勤めるよりも自由であるように見られるものです。けれども実際には望むような仕事ばかりを手掛けるわけではないものです。

時に生活費を稼ぐために希望とは異なる業務を請け負うこともあります。すると、想定していたようなキャリア形成は難しくなるわけです。専門性を深めたいと思っても、なかなかそれにつながるような業務に携わることは難しいものです。けれどもフリーランスの利点としては、自分であらゆる雑用も行わなければならない反面、あらゆるスキルを身に付けることができる点にあります。

クライアントとの折衝や契約に関する交渉と適切な金額設定、そして契約書の作成などです。まさに個人事業主として会社経営にも通じるあらゆる業務をこなすことになるわけです。このようなスキルは将来、再び就職活動を行う際には役に立つものです。場合によれば管理者としての待遇で採用される可能性もあります。そのようなスキルアップも目指すことも視野に入れて、普段の業務に取り組むことが大切です。

単なる雑務と思わずに、そこにどのようなスキルが必要となるのかを意識することが大切です。そして個人事業主としての役割も意識して営業活動を行ったり、あるいはスケジュールを立てたり資金計画を立てるなどの取り組みが大切であることがわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です