フリーランスのキャリアは名刺代わり

どこかに就職をするのではなく、個人事業主として活動するフリーランスは若い層に支持されている現代的な仕事形態の一種です。自由に仕事を選べ、働く時間も場所も好きなように調節できるという良い面がある一方、常に個人で仕事を取ってこなければならず、時には収入がほとんどないという状況に陥ることがあります。

仕事のない時はアルバイトでもボランティアでも何でも良いので、常に何かをして空白の時間を作らないようにすることが重要です。フリーランスの人と仕事をする際にまず他人が注目するのは、その人のキャリアです。今まで何をやってきたかという経験を履歴書でチェックし、その人がどのような実力や魅力があるかを判断します。そこに何もしていない空白の時期が含まれると、自己管理ができないだらしのない人と判断されてしまうこともあるでしょう。

面接へ行くまでに履歴書の書類審査で落ちてしまうということもありえますので、履歴書の書き方は空白の期間が無いように工夫をすることが大切です。過去のキャリアが未来のキャリアと直接的に結びつくのがフリーランスという職業なのです。なお、どうしても仕事が見つからない時や、病気や怪我などで体調が悪く、仕事とのバランスがうまく取れない時は、資格を取得するなどして自分に磨きをかける努力を常に怠らないように心がけましょう。資格を取れば仕事の幅が広がりますし、自分の名刺が一つ増えることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です